ZigaForm version 5.2.0

月: 2020年2月

葉酸で循環器疾患・認知症予防

葉酸はB群ビタミンのひとつで、生命の存続に必須であるDNA等の生合成に関与しています。ほうれん草などに多く含まれていると言われていますが、食品からの摂取が難しくビタミン剤等で摂取することが推奨されているビタミンでもあります。

葉酸は特に妊活中の女性に注目されていますよね。

循環器疾患や認知症の予防にも効果があるというのはご存知でしょうか。

血液中にホモシステインという物質がありますが、その濃度が高くなると、正常な血管系の状態を維持することが難しくなります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなり、認知症も発症しやすくなります。

特に日本人は、ホモシステインが高くなりやすい遺伝子型を持っている人が15%ほどおり、欧米人よりも多いと言われています。

 

葉酸には、血中ホモシステイン濃度を低下させる作用があります。

特に野菜が苦手な方、血中ホモシステイン濃度が高くなりやすい遺伝子型を持っている方は、積極的に葉酸を摂取することで、心筋梗塞、脳梗塞、認知症の発症リスクを減らす効果が期待できます。

 

葉酸はスープで摂取することができます。サプリメントが苦手な方も安心。ヘルシーパレットは、野菜嫌いのスープ屋さんが作った、美味しいビタミンスープです。スープで摂取することで、吸収率もUP!ヘルシーパレットはnull online shopにて購入できます。

『正しい手洗い』の方法

手洗いの正しい方法をご存知ですか?手洗いにかける時間が10秒以下の人が大多数だと言われています。なんと95%以上の人が正しく手洗いができていないとか。

 

図に示した紫色の点線で囲ってある部分は、洗い残しの頻度が高い部分です。しっかり洗っているつもりでも、大部分の方がこれらのところに汚れが残っています

私は学生時代に病院見学に行った際、手洗いによる洗い残しを観察する機会がありました。特殊なライトを当てると洗い残しがわかります。30秒以上かけてかなりしっかり洗いましたが、それでも洗い残しがありました。写真が残っていないのが残念です。

 

 

『正しい手洗い』とはどのような手順で行うのでしょうか。下の図を参考にして、ご説明します。

① 流水で手から手首までをよく濡らし、石けんをつけて両手の掌をこすり合わせます。

② 片手をひっくり返し、反対の掌で手の甲を洗います。もう片方の手の甲も同様にして洗います。

③ 指の間を、反対の手を使って1つずつ洗います。

④ 両手を広げて合わせ、指と指が間に入るようにして洗います。

⑤ 指を1本ずつ、捻るようにして洗います。

⑥ 掌の上で反対の手の指先、爪先、爪の周りをこすり洗いします。

⑦ 手の甲を反対の手で包むようにして、ねじり洗いします。

⑧ 流水でしっかりすすぎます。すすぐ時にも同様の手順を意識すると尚良いでしょう。

⑨ 使い捨てのペーパータオルで拭き取ります。(ジェットタオルには菌が繁殖している場合があるので、使用には注意が必要です)

 

1つの工程に5〜10秒以上を心がけて見てください。正しく手を洗うと、30秒〜60秒はかかります。私の父は医師ですが、小さい頃から洗面所で手を洗う時間が非常〜に長いです。

外から帰ってきた時、食事の前、トイレに行ったあと・・・『正しい手洗い』を習慣にすることで、感染リスクを下げることが可能です。新型コロナウイルスの流行が広がり、各個人が感染対策にいつも以上に気を配るようになりました。『正しい手洗い』を身につけて、ぜひ周りの方と共有してください

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス COVID-19が、日本国内でも広がってきました。「新型」ということで未知の印象が強く、不安が大きい人も多いかもしれません。私たちができる対策は、どのようなものでしょうか。

 

ヒトに感染するコロナウイルスは、次の6種類が知られています。

冬に流行のピークがあり風邪症状を引き起こすものが4種類

HCoV-229E  HCoV-OC43  HCoV-NL63  HCoV-HKU1

動物からヒトに感染するものが2種類

SERS-CoV   MERS-CoV

 

コロナウイルスは、形態が王冠(crown)に似ていることから、ギリシャ語で王冠を意味するcoronaという名前が付けられました。

直径約100nmの球形で、表面には突起が見られます。『エンベロープ』と呼ばれる膜の表面に、Spike(S)蛋白、Envelope(E)蛋白、Membrane(M)蛋白があります。『エンベロープ』の中には、プラス鎖一本鎖RNAのゲノムを持ちます。

 

この『エンベロープ』は大部分が脂質ですので、エタノール消毒、有機溶媒、石けんなどで簡単に破壊されてしまいます。余談ですが、ノロウイルスにはエンベロープがないので、エタノール消毒は有効ではありません(弊社ではノロウイルス殺菌ができる人体にも安全な消毒液を取り扱っていますので、ご興味ある方はお問合せください)。

私たちができることは、『うつらない』『うつさない』ための感染対策を徹底して行うこと。ウイルスは目にみえないからこそ、基本の『手洗い』は重要です。実は、95%以上の人が正しく手洗いができていません。あなたは正しく手洗いができている自信がありますか?