ZigaForm version 5.0.5

カテゴリー: news

県内医師会の発熱外来に医療機関向け感染予防受付支援システムを導入

県内医師会の発熱外来に医療機関向け感染予防受付支援システムを導入

- 低コストで運用可能、院内スタッフにも丁寧にサポート-

株式会社null(所在地:群馬県前橋市、代表取締役:谷亀麻衣)は、医療機関向け感染予防受付支援システムのサービス提供をします。

 

■ 医療機関向け感染予防受付支援システム
新型コロナ感染症との共存を余儀なくされ、医療機関・スタッフへの負担増は深刻です。一方、受診抑制により医療機関の経営状態の悪化も懸念されており、低コストで、医療・スタッフを感染から守ることを重視した受付支援の仕組みを導入します。内容は現場に合わせてカスタマイズが可能であり、感染リスクを下げて効率的に運用するためのご提案いたします。

LINE公式アカウントやGoogleフォーム等を組み合わせて活用・構築するため低コストであり、医療機関で自ら運用できるまで、丁寧にサポートを行います。

<サービスの特長>

  • 発熱者を中心とした受診者の対応を遠隔化

車内で待機している状態で問診を行うことができます。ユーザー数の多いLINE等を活用するため、新たなアプリ導入の必要がなく、低コストで運用が可能です。

  • 新型コロナウイルス感染症の院内感染を予防

患者本人のスマートフォン等を使用してもらうため、ソーシャルディスタンスを保つことができ、発熱者と医療機関スタッフの接触頻度を極力減らすことができます。

  • 感染症対応へのスタッフの不安を緩和

常に感染のリスクに晒されているスタッフの精神的負担を緩和することで、医療機関のスタッフが安心して働ける環境づくりを支援します。

すでに群馬県内医師会の発熱外来やクリニック等に導入しており、今後も群馬県内を中心に地域医療を守る一端を担うためのサポートを推進して参ります。

次亜塩素酸水の検証試験:メーカー見解のお知らせ

次亜塩素酸水の使用について、現在各所にて検証が進められておりますが、『空間衛生除菌水クリンメソッド』のメーカー見解が公式ページに掲載されましたので、お知らせいたします。

 

株式会社エム・アイ・シー

https://www.mi-c.co.jp/index.html

 

新型コロナウイルスは病原体等のリスクグループ3に分類されており、BSL3(バイオセーフティーレベル3)以上の施設でなければ扱うことができません。

また、感染性も高いことから、NITEの検証試験でもインフルエンザA型H1N1が代替ウイルスとして選定され、新型コロナウイルスでの検証も同時に検討進めていくとのことでした。

 

上記試験は、代替ウイルスに選定されたインフルエンザウイルスは構造上、コロナウイルスに近似しており、インフルエンザウイルスに効果が認められることにより、新型コロナウイルスへの効果も高確率で期待できるであろうと推定するものです。

クリンメソッドは同ウイルスでの検証試験を実施済みであり、100ppm 1分以内の除菌効果を確認しています。また、安全性に関する試験も実施済みです。

ご不明点等ございましたら、弊社またはメーカーまでお問合せください。

【開封1ヶ月後】クリンメソッド有効塩素濃度を調べました

次亜塩素酸水は紫外線や高温などにより有効塩素濃度が低下してしまい、思ったほどの効果が得られない場合がります。そこで、クリンメソッドの有効塩素濃度を調査しました。

使用したクリンメソッドが置かれているのは、弊社の入っているオフィスの共同スペース。

窓が少なく、直接日光が当たらない場所の机の上です。

 

動画広告、PV動画製作を開始しました

中国の大手動画製作企業と提携し、動画広告・PV動画製作を開始しました!

 

動画広告は最もエンゲージメントの高い広告であり、現代のプロモーション活動において無くてはならない存在となりました。

しかし、「製作費用が高額で、なかなか手を出せない」「そもそも、初めてでどうしたらいいのかわからない」という企業も少なくはないと思います。

私たちは中国の大手動画製作企業である『北京盛大博通文化发展有限公司』と提携し、ハイクオリティな動画を安価で製作してお届けします。

北京盛大博通文化发展有限公司は、中国でも大手の企業のプロモーションビデオを手掛ける実績を持ちます。

 

動画製作の流れ

初回ヒアリング → 素材提供 → 試作 → お打ち合わせ → 修正(3回まで追加費用なし)→納品

製作費用

企業プロモーション動画(1分)の場合 10万円(税抜)

※ 撮影なし、画像・動画等の素材を一部ご提供いただきます

製作期間(目安)

修正なしの場合 1週間程度、3回修正した場合 1か月程度

※ 修正の打ち合わせの進み具合により期間は変動します

アルコール消毒液がない!最近よく聞く『次亜塩素酸水』って?

クリンメソッドは医療機関でも使用されています

新型コロナウイルス感染症の流行で、アルコール系消毒液が軒並み品切れ状態です。

弊社では弱酸性次亜塩素酸水である『空間衛生除菌水クリンメソッド』をオンラインショップにて販売しています。

医療機関や介護施設等の事業者の方からのケース単位発注も受け付けております。お問い合わせフォームよりご相談ください。

 

「アルコール消毒が有効って聞いたけど、次亜塩素酸水って効果があるの?」「次亜塩素酸ってハ◯ターと同じじゃないの?カラダに使っても大丈夫?」そんなお問い合わせがありましたので、今回は簡単にご紹介します。

一般にアルコール消毒に用いられているアルコールはエタノールです。

細胞膜や蛋白質の変性、代謝機構の阻害、溶菌作用による殺菌作用があります。外側から菌やウイルスを破壊しています。70〜80%が最も有効と言われています。濃すぎても薄すぎても効果が弱まりますので、使用する際には手をしっかり拭いてからが◎。

 

→ null online shopでご購入いただけます

 

弱酸性次亜塩素酸水に含まれる次亜塩素酸(HClO)は、pH5〜6前後ではほとんどが分子の状態で存在し、菌やウイルスの内部に侵入することができます。

内部に侵入した次亜塩素酸分子は、DNAや蛋白質を酸化により破壊し、また細胞内のエネルギーを消費することによって増殖を抑制します。私たちの体内にある好中球(白血球の一種)も、同様の殺菌メカニズムを持ちます。好中球は細胞内で次亜塩素酸を生成し、細菌を破壊する機序を持ちます。

 

弱酸性次亜塩素酸水であるクリンメソッドは、次亜塩素酸分子が内部から効果的に破壊するため、即効性があります。人体には無害ですので、手指衛生はもちろん、赤ちゃんが舐めても問題ありません。

除菌効果のみでなく、高い消臭効果もあるため、様々なシーンでご利用できます。

 

『空間衛生除菌水クリンメソッド』は、定期的に入荷しています。オンラインショップには次回入荷予定日を掲載しており、順次更新しています。

 

 

「次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)水溶液」は強いアルカリ性です。pH9〜10前後では次亜塩素酸はイオン化(ClO-)している状態のものが多く、細胞内に入り込むことができません。

一般的な細菌、インフルエンザウイルスやコロナウイルスなどのエンベロープ(脂質膜)を持つウイルスは殺菌・不活化することが可能ですが、ノロウイルスにはエンベロープがないため無効です。

人体には有害ですので、手指消毒には使用しないでください。環境衛生には使用できますが、濃度に注意し、手袋とマスクをつけて使用してください。

認知症遺伝子(DNA)検査で発症リスクを知ろう

認知症遺伝子(DNA)検査の内容をご紹介します。

 

認知症遺伝子(DNA)検査項目(3項目)

1)ApoE(アポイー) 

アルツハイマー型認知症と関係があるといわれています。遺伝子型によって異常なタンパク質アミロイドが脳へ蓄積し、これが認知症を引き起こす原因となります。

2)IL-10(インターロイキン-10)

免疫と関係しています。遺伝子型によっては免疫が弱くなり、アルツハイマー型認知症に成り易いといわれています。

3)tPA(組織プラスミノーゲン活性化因子)

脳血管の中で、特に毛細血管が詰まって動脈硬化を起こし、脳梗塞になり易くなります。ラクナ梗塞といいます。 日本人で最も多い脳梗塞のタイプです。検査結果がこの遺伝子型の多型【ホモ型:TT型】になった方は、認知症の原因となるラクナ梗塞を起こし易い体質と言えます。

 

 

APOE遺伝子検査はアルツハイマー型認知症の発症のリスクを調べるもので、将来の発症の有無を判定するものではありません。また、ε4の遺伝子型があったとしても、必ずしもアルツハイマー型認知症を発症するわけではありません。
アルツハイマー型認知症の発症は遺伝的要因以外に、加齢や生活習慣などの環境要因も関係しています。また、糖尿病や高血圧がリスク因子とも言われています。

 

 

生活習慣の改善など適切な予防を行えば、アルツハイマー型認知症の発症を防ぐことや遅らせることができると最近の研究でわかっています。
APOE遺伝子検査を受けて、ご自身の遺伝子型を知ることは、アルツハイマー型認知症予防に向けた第一歩になります。

口腔内を専用の綿棒で擦って細胞を取り、郵送するだけの簡単な検査です。

ご希望の方は、お問い合わせフォーム等にてご連絡ください。

アルツハイマー型認知症とAPOE遺伝子

 

認知症は何らかの病気によって引き起こされる症状や状態の総称を言います。

脳の神経細胞の変性や脱落が原因であり、徐々に進行して日常生活にも支障が出てきます。

 

 

認知症のうち、およそ半数は『アルツハイマー型認知症』です。次いで『レビー小体型認知症』『血管性認知症』があり、これらは「三大認知症」といわれています。三大認知症は、認知症全体の約85%を占めています。

もっとも多い『アルツハイマー型認知症』は、アミロイドβペプチドという老廃物が脳に蓄積し、神経細胞を障害することが原因で発症すると言われています。このアミロイドβペプチドの蓄積や凝集に大きく関わっていると言われているのが、『APOE遺伝子』のタイプです。

『APOE遺伝子』はアポリポタンパク質Eを司る遺伝子です。APOE遺伝子は主に、ε(イプシロン)2、ε3、ε4の3種類で、2つ1組で遺伝子型を構成します。日本人に多いε3/ε3型を1.0とした場合、ε4/ε4型は11.6倍の発症リスクがあると言われています。

 

ε2/ε3 0.6倍
ε3/ε3 1.0倍
ε2/ε4, ε3/ε4 3.2倍
ε4/ε4 11.6倍

 

弊社では認知症発症リスクを調べるための遺伝子検査キットを取り扱っています。口腔内を専用の綿棒で擦って細胞を採取して郵送するだけで、簡単に遺伝子検査を受けることができます。

葉酸で循環器疾患・認知症予防

葉酸はB群ビタミンのひとつで、生命の存続に必須であるDNA等の生合成に関与しています。ほうれん草などに多く含まれていると言われていますが、食品からの摂取が難しくビタミン剤等で摂取することが推奨されているビタミンでもあります。

葉酸は特に妊活中の女性に注目されていますよね。

循環器疾患や認知症の予防にも効果があるというのはご存知でしょうか。

血液中にホモシステインという物質がありますが、その濃度が高くなると、正常な血管系の状態を維持することが難しくなります。その結果、心筋梗塞や脳梗塞を発症しやすくなり、認知症も発症しやすくなります。

特に日本人は、ホモシステインが高くなりやすい遺伝子型を持っている人が15%ほどおり、欧米人よりも多いと言われています。

 

葉酸には、血中ホモシステイン濃度を低下させる作用があります。

特に野菜が苦手な方、血中ホモシステイン濃度が高くなりやすい遺伝子型を持っている方は、積極的に葉酸を摂取することで、心筋梗塞、脳梗塞、認知症の発症リスクを減らす効果が期待できます。

 

葉酸はスープで摂取することができます。サプリメントが苦手な方も安心。ヘルシーパレットは、野菜嫌いのスープ屋さんが作った、美味しいビタミンスープです。スープで摂取することで、吸収率もUP!ヘルシーパレットはnull online shopにて購入できます。

『正しい手洗い』の方法

手洗いの正しい方法をご存知ですか?手洗いにかける時間が10秒以下の人が大多数だと言われています。なんと95%以上の人が正しく手洗いができていないとか。

 

図に示した紫色の点線で囲ってある部分は、洗い残しの頻度が高い部分です。しっかり洗っているつもりでも、大部分の方がこれらのところに汚れが残っています

私は学生時代に病院見学に行った際、手洗いによる洗い残しを観察する機会がありました。特殊なライトを当てると洗い残しがわかります。30秒以上かけてかなりしっかり洗いましたが、それでも洗い残しがありました。写真が残っていないのが残念です。

 

 

『正しい手洗い』とはどのような手順で行うのでしょうか。下の図を参考にして、ご説明します。

① 流水で手から手首までをよく濡らし、石けんをつけて両手の掌をこすり合わせます。

② 片手をひっくり返し、反対の掌で手の甲を洗います。もう片方の手の甲も同様にして洗います。

③ 指の間を、反対の手を使って1つずつ洗います。

④ 両手を広げて合わせ、指と指が間に入るようにして洗います。

⑤ 指を1本ずつ、捻るようにして洗います。

⑥ 掌の上で反対の手の指先、爪先、爪の周りをこすり洗いします。

⑦ 手の甲を反対の手で包むようにして、ねじり洗いします。

⑧ 流水でしっかりすすぎます。すすぐ時にも同様の手順を意識すると尚良いでしょう。

⑨ 使い捨てのペーパータオルで拭き取ります。(ジェットタオルには菌が繁殖している場合があるので、使用には注意が必要です)

 

1つの工程に5〜10秒以上を心がけて見てください。正しく手を洗うと、30秒〜60秒はかかります。私の父は医師ですが、小さい頃から洗面所で手を洗う時間が非常〜に長いです。

外から帰ってきた時、食事の前、トイレに行ったあと・・・『正しい手洗い』を習慣にすることで、感染リスクを下げることが可能です。新型コロナウイルスの流行が広がり、各個人が感染対策にいつも以上に気を配るようになりました。『正しい手洗い』を身につけて、ぜひ周りの方と共有してください

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルス COVID-19が、日本国内でも広がってきました。「新型」ということで未知の印象が強く、不安が大きい人も多いかもしれません。私たちができる対策は、どのようなものでしょうか。

 

ヒトに感染するコロナウイルスは、次の6種類が知られています。

冬に流行のピークがあり風邪症状を引き起こすものが4種類

HCoV-229E  HCoV-OC43  HCoV-NL63  HCoV-HKU1

動物からヒトに感染するものが2種類

SERS-CoV   MERS-CoV

 

コロナウイルスは、形態が王冠(crown)に似ていることから、ギリシャ語で王冠を意味するcoronaという名前が付けられました。

直径約100nmの球形で、表面には突起が見られます。『エンベロープ』と呼ばれる膜の表面に、Spike(S)蛋白、Envelope(E)蛋白、Membrane(M)蛋白があります。『エンベロープ』の中には、プラス鎖一本鎖RNAのゲノムを持ちます。

 

この『エンベロープ』は大部分が脂質ですので、エタノール消毒、有機溶媒、石けんなどで簡単に破壊されてしまいます。余談ですが、ノロウイルスにはエンベロープがないので、エタノール消毒は有効ではありません(弊社ではノロウイルス殺菌ができる人体にも安全な消毒液を取り扱っていますので、ご興味ある方はお問合せください)。

私たちができることは、『うつらない』『うつさない』ための感染対策を徹底して行うこと。ウイルスは目にみえないからこそ、基本の『手洗い』は重要です。実は、95%以上の人が正しく手洗いができていません。あなたは正しく手洗いができている自信がありますか?